コンドーム着用で失敗しない避妊対策

避妊をする時によく使用されるコンドームですが、着用方法などを間違えるときちんと避妊することが出来ません。
着用の注意点やポイントはいくつかあります。
まず一つ目に、「コンドームは自分で買うようにする」ことです。ラブホテルに置いてあるものや友人にもらったものなどは安心出来ませんので、自分で買った物を使用するのがお勧めです。
二つ目に「自分に合うサイズを選ぶこと」です。コンドームにはサイズや形が色々あるので、自分に合うのを選ぶのもポイントです。
三つ目に「爪を短く切っておくこと」です。爪が伸びているとコンドームに傷がついてしまうことがあるので注意が必要です。
四つ目に、「挿入する前につけること」です。「最初はつけずに挿入して射精直前でつける」のでは、性感染症も妊娠も防げません。射精前でもカウパー氏腺液の中には精子や病原体が含まれているため、挿入する前でなければ意味がありません。オーラルセックスをする場合でもする使用する必要があります。なぜなら、性感染症は性器から性器へ感染するだけでなく、性器からノドへも感染するからです。
五つ目に、袋を開ける時に、コンドームを端に寄せて開け、切り開いた部分でコンドームを傷つけないように開けた部分を切り離しましょう。そして、着用する時は精液溜めの空気を抜き、包皮に余裕がある人はペニスの皮を根元までたぐりよせておき、毛を巻き込まないようにゆっくりと巻き下ろすのがポイントです。
六つ目に、射精後直ぐにペニスの根元でコンドームを抑えながら抜くようにしましょう。
着用時は、これらに注意して着用するのがポイントです。また、コンドームを保存しておく時、防虫剤の近くに置くと変質する可能性があるため、防虫剤のある所は避け、直射日光に当てないようにするのもポイントです。
コンドームを正しく使用して、性感染症予防や避妊対策をしっかりしましょう。
■確実な避妊を目指すならピルも考えてみよう
トリキュラー 通販
■コンドーム以外の避妊対策にも取り組みましょう
緊急避妊薬は携帯しておきましょう